FC2ブログ

2017
09/05

60歳でも志津川で結婚したい

結婚ドラら
NHKの連ドラの、鰹節会社の経理を担当していた「あさ子さん」が結婚をした。自分は結婚しないと言い、あさ子を好きな「赤井」からのプロポォーズに涙した。
 お得意さんの社長からもこの頃に、パートナーとて一緒に仕事をしたい!と言われ悩んでいた。社長も60歳近くで、これからは社会に恩返ししたい!「一緒に仕事してくれませんか!」と、社長の積極的な言葉と将来への生き方に感動し、50歳にして「初婚」での結婚を決意する。
 年齢はやつぱり「結婚」には関係が無い。新たな結婚スタイルとして、こんな姿があるとテレビの「フィクションドラマ」ながら思った。
 自分の生き方を、積極的に思いを伝える!こうした事が女性の「結婚決意」させるには必要だと思う。自分の生活ため、仕事が大変、親が年老いて、何とかしたいは、相手を馬鹿にしている。二人の「気持ちの一致!」が欠かせない。この事を「バツ一」の私は経験からも知っている。
 共に結婚する為の「学習」「環境づくり」「告白」など、結婚について考え活動しましょう。

IMG_4826.jpg
先週小学校に行った折、志津川地区の中央の高台に整備された「中央区」を見て来た。見る限りだいたいの住宅再建が済んではいるようだが、国道側の住宅地の建設が今進んでいる。仙台のベツトタウンのような中央区の家並みを見ると、あの志津川の風景とは信じられない変貌に、震災復興の終末棋を実感させる。
多くの住民が震災で高台に住宅地を整備した。町の復興計画が順調に進んでいる。新しい地区で新しい営みや、コミニティーが生まれようとしている。

造成地も6年間の期間を要し、土地が余り一般の人に販売も現在進められている。南三陸町に一緒に住んでみませんか。新しく生まれ変わる町を共に創造して生きましょう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:03 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP