FC2ブログ

2017
07/21

ショック三陸道で死亡事故 そして政治はウソばかり

朝6時の東北放送のニュースで「三陸道死亡事故」と報じていた。耳を傾けると南三陸町の行場さんと言う。「唖然!」。蛇行し走行した乗用車が、トラツクと正面衝突だと言う。知っている方なら、震災で6年4か月、水産事業の継続に自分の身体一つで頑張っていた。悲しい出来事がまた起こってしまった。

震災後の先輩や同級生、そして志津川の歴史を造って来た先人が、一人また一人と亡くなっていく。私の心は逝去に悲しみしかない。復興に多くの時間を費やす事で、再建途上で多くの人が次々に町を離れ、町の基礎を築いた人たちが人知れず天国へ旅立っている。自分が今生きている事の「証」を私は残し、町の復興に意見を言い、自分の主張を続け町民に語り掛けている。多くの公的施設が「原形復旧」と言う震災の、復興交付金で町が蘇っている。しかし、原形復旧以上の公的施設の建設が加速している。2040年には人口は少なく見て「6000人」となる町に、人口と見あった町づくりには程遠い町の再建が、首長の想いのままに続けられている。先の見通せない若者は、華やかな町づくりを拍手喝采で歓迎する。負の遺産が将来に自分たちの生活を苦しめるとも知らずに!

170717_090905.jpg

7.21サラダ

我が家の菜園は成長と実を結び、その果実を食し楽しんでいる。最近はキュウリ一本とミニトマト20個の収穫で、自分なりの色とりどり「サラダ」を作った。ゴマジレッシングで獲りたての食材は、間違いなく美味しかった。

剣道の教え子の親から頂いた野菜の数々は、ジャガイモと幅広いんげんを煮て食べた。趣味の料理が成長を続けている。昨夜は庭の青シソを使い「なすの煮浸し」を今年初めて作った。簡単で美味しい仲間にも教えてあげたい料理の一つだ。最近は魚焼き器を購入した。ガス台のコンロを使うと汚れるので、すぐに洗える物を準備した。私は志津川産の「銀ザケ」の塩引きが好きでお茶漬けにして食べる。以前までは卵焼き器に油を敷き焼いていた。油ギトギトで身体に悪いと思い、魚焼き器で魚の油を落して焼くと美味しく食べられた。

CIMG5751.jpg

170720_073537.jpg


また、焼香に行く事になる。現在も三陸道の三滝堂と南三陸インターの下りは、「通行止め」となっているとラジオは伝える。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP