2017
07/17

千葉農園収穫祭


この連休の好天を利用して、我が家のじゃがいも畑の収穫をした。農家の人たちは涼しい朝に畑仕事をするが、私は気の向いた時で11時には日差しが強く、汗だくになりながら、小さなダンボールに3割ほどとなり、8つの種イモに多くの実がなっていた。その他に青シソも伸びていたので、ついでに収穫した。
父の大好きなふかしジャガイモを、丁度来ていた叔母夫婦にも味わってもらい、「美味しい!」の言葉が連発、心を込めて獲りたてのジャガイモは、皮も薄く美味しく食べる事ができた。農家さんは季節の野菜を旬で頂ける事は羨ましいと、再確認した。
170716_172551.jpg

青シソは「なすの煮浸し」の薬味として使う。母の逝去からそろそろ1年目の「8月16日」がくる。親戚・叔母たちがその時に作ってくれた、一品がそれで、作り方を教えてもらい自分でも試し作ったが実に美味かったので、今年もナスを買ってきたので作ろうと思う。しかし、味の秘訣の「しょうが」が無く、今日にも買って行き料理をしたい。車で3分の所にスーパーなどのショッピングセンターが出来るが、知っている人たちの人ごみは嫌いなので、夜とかしかいけない。町外に出た時に色々と店内を回って見る事も大好きで、料理の知識の習得にも余念はない。

CIMG5666.jpg
昨日の朝は「キャベツとミニトマトの青シソデレッシング」で、特別美味しい訳ではないが、身体の為と家庭菜園の収穫野菜として利用している。
震災後も倉庫の自宅の入口のプランターに、ミニトマトを植えたら、たわわに実った事を想い出す。生物の自然の生命力に驚かされた。土と水と太陽さえあれば、自分の子孫を残す為に、一生懸命に生きている。それと比べると人間は生きる、未来に命を繋げる努力が欠けている。
170715_075454.jpg
一日と言えないほどの次々と育つトマトに食べる事が追い付かないのが実情だ。冷蔵庫も住宅移転後に食材は悪くならないように、冷凍後に込め混んでいた。今日は父と車でごみ袋5個を出しに行くので、冷蔵庫の整理をした。父はゴミ出しの場所まで、身体の為と15分掛けて一周の運動としている。健康第一に100歳まで生きて欲しい。その前にこちらが参りそうだ。

今日は紫陽花を観にドライブでもしようと思っている。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP