2017
07/15

志津川町民の底力 志津川旋風を思い起こせ!


私は昭和31年生まれで61歳と2か月になる。私たちの一つ下の32年生まれが「志津川旋風」を巻き起こし、甲子園出場のあと一歩まで進み、主力投手の怪我や選手が満身相異で試合に臨んだ、確か宮城から2交と山形との出場決定戦で敗れた。その時の私の二つ下の井上投手が控えとして、小野投手に変わり投げ続けた。井上君の息子さんは、公務員から弁護士を目指していたが、3.11の大津波で役場職員としてその夢は水の泡と消えた。この事を知っている町民は数少なく、こうして思い起こす人など、井上投手しかないだろう。
170714_121951.jpg
今年の宮城県予選が昨日開会式を迎えた。ニュースで志津川高校野球部の熊谷主将は、「感動・勇気・希望を与えるフレーをしたい」と、青空の元で選手宣誓をした。少数精鋭の生徒育成の為に、同級生の山内校長は3年目を迎え、母校の発展再生の一助となるよう活躍を続けている。気仙沼高校も一クラスの減少が決まり、志津川高校も3クラス120名の募集ながら、今年は70名の入学に留まった。志津川高校を卒業した生徒の子供達が、母校の存続にもっと力を注いで欲しいと、希望するばかりです。

170713_073638.jpg
現在は夏のせいか一気に「71.5K」まで体重が、通常時から「2.5K」も減った。ある朝の食事はご飯一膳と漬物とお茶、おかずは叔母の「味噌雲丹」と、千葉のり店の「龍の子のり」だった。油ものを少なく野菜を食べる事で、体重が減っている。生活習慣病の「糖尿病」と長く付き合うために、自分で食事を考え自分自身で作って食べている。今日は血糖値「109」と安定し、病院のヘモグロビンA1C検査は「6.8」と、先生にお褒めを頂いた。

今日は「南三陸町袖浜海水浴場」の海開きの神事が9時半にあり、10時にはオープンする。3連休という方もあるだろうが、今日は午後に傘マーク、明日は曇り、17日の「海の日」は傘マークが予報で出ていた。毎日うだるような暑さ、南三陸町の海に遊びに来て下さい。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP