2017
05/22

歌津地区の絶景をもう一つ


パソコンとメール・データ管理にトラブルが多発している。原因はブログを4つと、フェイスブック・ツイッターなど、多くのSNSを使い南三陸町の発信をしているからだろう。週末には総てをクリアでき、不安なく発信を続けられ、また一週間が始まる。

新緑の季節となり山野の花々が咲き乱れる頃となった。田束山のやまつつじを紹介し、帰りに払川ダムに寄る。監視の施設が在り、治水・利水の管理人が水田への放流など、山里の豊かな恵みの元の水を供給していた。
ダムからの建設による谷に大橋が架かり、その新緑に目を奪われた。大きな観光地に引けを取らない絶景がここにある。山頂の帰りはこの素晴らしい景色に、気を高めて明日への活力にして欲しい。

親戚が竹の子を5本持って来てくれた。そのせいで夜は竹の子を煮る為に就寝時間が遅かった。二人暮らしの生活で余計な食料が、無駄にしかねない。必要最小限度あれば生活はできる。7日から10日間は、買い物をしなくも生活ができる位は食材はある。二人とも余り食べないが一番の理由だ。

IMG_3161.jpg
おら酒を買いました「雷神」です。今年も戸倉波伝谷の被災水田で収穫した米(美山錦)から、気仙沼市の蔵元「角星」さんに委託し、酒造して新酒の販売となりました。3本を買い知人や親せきに呑ませたいと思います。四合瓶で3千円ですが、価格とは違い飲む価値は大です。
入谷地区では「ぶどう畑」をボランティアさんと苗を変えました。3年後・5年後に、南三陸町産「ワイン」が出来るそうです。生きる楽しみが、また一つできました。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP