2017
03/28

大震災を体験した子供たちの人生

2011-06-19 05.12.33
3.11から6年目を迎え祈念番組で、戸倉地区の折立にあった「戸倉小学校」の6年生が高校を旅立ち、新たな目標に向かい南三陸町から、次の世界に進んだ。大震災の時に当時の先生方の機転で、浦山の「五十鈴神社」に避難し、何度も打ち寄せる津波から神社内に低学年を入れ、自分たちは野宿し、卒業式で歌うはずの歌を皆で合唱し、あの寒い恐怖の時を過ごした。人生でこんなにも厳しい苦しい時間を過ごした子供達は他には居ない、この子供たちがどんな人間になるのか楽しみで、きっと自然災害の脅威を多くの人達に伝えて行くだろう。
それに引き替え石巻市の「大川小学校」の悲劇を、思わずにはいられない。亡くなられた生徒と先生たちは、周囲には当時津波体験者は少なかったのだろう。先生も50歳以下だろうか、海岸に住み津波を両親・祖父母から聴いていたのだろうか。子ども達はそれ以上に知らなかっただろうが、一人の男の子が「裏山へ!」と叫んだが、避難した場所は学校の向かいの橋の所だった。津波は北上川を逆流し、生徒と先生を襲った。家族は「想い出したくない」と被災した学校の解体と言い、子どもが最後まで生きた学校を「子供の居た証」と、震災遺構と決定した学校で、語り部として「津波の悲劇を伝える。」活動を続けて行くと父は話す。
我が町では津波の悲劇を忘れよう、語るまいとの人が多くなった。正にこれが「風化」なのに。私は震災後に疎遠だった町民の皆さんとの再会に、「あの時はどうしていたの?」と必ず聞く。体験談から学ぶことが多いからだ。

人口減少を町の震災復興における5番目の問題と言う。私は町民を守る事は「町を維持する事」と思っていた。ここまで人口が減り、町の復興は失敗したと思っている。人が居なくなった街をどれだけ綺麗に創り上げても、人が居なくてはしょうがない。

フェイスブックの友達に柳津虚空蔵尊の奥様がいる。奥さんは「寺コン」を企画し参加された方が結婚したとの二人の写真が紹介され、それを祝う多くの仲間が笑顔で出席していた。
年齢制限もあり私の会にも一人の方が会員として登録している。3月末で「会員募集」も一年を迎えた。これからは会員や独身者の相手探しに、自分の周囲から始めたい。29年度は私にとっての正念場、一組を目標に成婚にこぎ着けるよう頑張りたい。会員は現在「6名」の男子がいる。未婚の女性を探すぞ! よろしく。

町も本気で人口の増加を考えるなら、職員皆で結婚活動をしなくてはいけない。「町の一大事」として、町民全員が皆仲人。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP