FC2ブログ

2017
03/04

還暦の体調と判断の低下が私を襲った


こんなにも不運が「もったいない症」から発生した。
2日の日の事だった。議会の特別委員会で「定数問題」の臨時会議があり、3年半ぶりに議場に傍聴にいった。体調も良く議論の姿とその裏側を垣間見る事ができた。
議員定数は議員一人ずつの意見と、「削減」「現状維持」が語られた。削減が4で現状維持が10人で、今年9月の議会選挙では定数16人の選挙となる。与野党の構図も現状維持となり、現政権の思惑通りとなった。特別委員会の山内委員長として、星議長はアドバイザーとして臨み、その採決には加わらなかった。

午前中は普通に働き、お昼にバレンタインのバームクーヘンと、後輩から貰った10円饅頭を食べた。賞味期限はとっくに過ぎた物ながら、「食べ物は無駄にしない。」こんな精神が仇になったのだろうか。午後1時半に知人から電話が来て、話し中に何とも言えない体調が襲った。少しベッドに横になり、体調が元に戻る為にと休んだ。目を開け周囲を見ると、「目がまわった!」、初めての体験で、その後に激しい嘔吐が襲った。また休み二階から階下に降りるときに又「嘔吐」でトイレに駆け込んだ。その後はリビングのソファーで休んだ。ベッドに寝ていた時に行政からの仕事打ち合せもあり、3時ごろに車に乗せられ用事を済ませた。まだ気分は最悪だった。5時までソファーで休み、食べないといけないと、軽いそばを造り食べ、ベッドに入った。その夜は11時間眠ったが、翌朝になって気分は冴えない状態だった。

不運はその前から続いていた。地区の役員会が先週の夜7時からあり、二つの団体が集会所に集まり駐車場はいっぱいとなった。早く私たちの方は終わり、狭い所から車を目視でバックで出していた時、「ガツン!」と、軽自動車にぶつかってしまった。偶然もと近所の方ので、修理で「5.7万円」の見積を貰い自動車工場に回してもらった。2・3日後に自分の車も「ぶつけたのか!」と父が教えてくれた。どうしても相手の車とのぶつかった整合性が無い中で、昨日に修理が終わり5万円の請求書を貰った。

DVC00120.jpg
現在も発生している、世界・全国で起こっている自然災害の現場の悲惨さに比べたら、私の事など何のたわいもない事と思う。
色々な事が起こった。今月1日からの高校卒業から防災アドバイザーの訪問、仕事の重なりがあり、さんざんな3月初めとなった。来週からは元に戻さないと、更なるトラブルが発生しそうだ。これから冷蔵庫を整理する。

今日は気仙沼に用事で行き、帰って仕事が詰まっているので、明日は大切に使いたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:26 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP