2017
01/31

やってる事がバラバラな南三陸町


一昨日前にテレビで写真の光景が映し出されていた。一部の町民には、大津波で400名前後が奇跡的に助かった「高野会館」を、震災遺構としてどうするのか関心を持っている。
気仙沼市では海岸近くにあった「向洋高校」が一部保存から、全部を保存する事とし、高校の教室に車がそのままで残っている。町民が約33人亡くなった場所と、九死に一生となった「高野会館」の、どちらを残すべきかと言うと、私は悲しみの多い防災庁舎よりも、多くの高齢者が助かった会館を保存した方が良く、高齢者の生きた証を、残った町民が「語り部」となり、私は生かされたとの想いを伝える事こそ、南三陸町の震災教訓として、長く語り続けられると思う。29日には「ホテル観洋」で語り部シンポジュームを、全国から300人が集まり開催したと言う。

昨年10月にはこんな事がありました。

『2015年の国勢調査で南三陸町は人口減少率が全国3番目!
 国勢調査による人口は1万2370人となり2010年の調査より5059人減少(29%)。全国1位は福島原発被害の樽葉町の87.3%、2位は女川町の37%だった。』

『県北一円を中心に29店舗を運営するウジエスーパーとアサヒビールが「町の復興に役立てて」と50万円の支援金を南三陸町に贈った。』

◇宮城県全体の観光客は6065万人で、前年より5.6%(320万人)増加した。気仙沼圏域の気仙沼市・南三陸町は215万人で、前年を7.5%(15万人)上回った。県内全体の3.6%にとどまる。

『南三陸町の歌津伊里前の「福幸商店街」の起工式が、19日に開催された。地域の再生の願いを込め、29年4月に8店舗でオープンする。設計者の隈研吾さんなど関係者80人が集まった。面積は4125㎡で、建設費は約2億円で、このうち1億4千万円に国の補助金があてられる。』

多くの町民は町の変化を知らないでいる。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP