2017
01/19

素晴らしい環境の沼田行政区


昨日は月末開催の沼田行政区の会議の案内を、地区内一円に配布して廻った。2か月半ぶりだろうか、地区内の大きな変化に触れながら車でぐるりと1時間余り。
沼田地区は南三陸病院があり、個人病院も内科・歯科、そして薬局は3軒もあり、総合体育館もある。また、今年の3月末に三陸道の南三陸町海岸ICも開通併用予定だ。地区内なら3分でインター入口まで行ける。こんな環境は他の地区には無い。その他にも一昨日前に地鎮祭をしたショッピンタウンにも、地区から3本の道路が整備され、5分の場所に建設となる。何でも生活必需品が揃う「買い物の場」が7月末に完成する。
170118_134138.jpg
行政区内でも新たに住宅の建設が数軒始まっていた。震災後の混乱から建設への準備が出来たのだろう。やっぱり有名メーカーが建設に携わっていた。
地区内には「東浜団地」があり、志津川地区の防災集団移転の「東地区西工区・北工区」と隣接し、新しい地区は天王山にあたり、現在その境の道路の拡張と歩道整備が進められ、東浜の地区は複雑な通行止めに、役員宅への配布物が大変だった。昨年末の東地区西工区は土地の引き渡しと同時に、住宅再建が進み1か月を過ぎ多くの住宅が建設に入っていた。
170118_141214.jpg

170118_141442.jpg
日曜日に従弟が来月には西工区の災害公営に移ります、と言う。私の知人も震災で家族を亡くした物の、再建を果たし家族の七回忌の準備を進めていた。悲しい事苦しい事を乗り越え、一歩ずつながら家族の想い出を胸に新たな暮らしをスタートしてした。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP