2017
01/01

静かな元旦を迎え


昨年を振り返ると色々な今後への生活の確保をクリアした。
網膜剥離の目の状況が最大の問題で、眼科で近め遠めのメガネを処方した。5月の自動車免許書の書き換えはメガネを作る前に、更新5年を何とか通る事ができた。また、11月の船舶免許は「0.5」の視力検査を、「ぼんやり」と目の状況が最悪の中でクリアし、老後の釣りへの期待を継続する事ができた。
8月16日に母を看取った。自分の人生の一つに、母を立派に送り出す事が目標としてあった。震災から5年10か月を迎えようとしている中で当時を静かに思い出す。
震災直後の倉庫暮らしが始まり、母の老化・認知と父と二人で戦った。老々介護は初めて体験で悲惨な現状を振り返り、私が網膜剥離の手術で10日も入院し、その退院日の後で登米市の老人ホームに入所させた。正にギリギリで生活の非常を回避してきた。手持ち資金の関係で安価な地元の施設に転所させた。2年を超えた在宅介護、3年目となる施設生活、そして3か月の療養生活で、親戚・兄弟と家族が母を最期まで触れ合え、死に目には会えなかったが、私と父はまだ温もりのある母を感じ送る事ができた。26年4月には私が新築した家にも入り、記念の家族写真も撮る事ができた。自己満足ながら母もきっと喜んでくれただろう。
家族と生活がファーストの考えを貫いた。できる範囲で町への支援団体・活動を受入れ、私のふるさと「志津川町」の為に努力してきた。こんな一年だった。
170101_081309.jpg
2017年の日の出はテレビで、ベットの中で見た。「日テレ」「東テレ」で今年も生活が始まった。

喪中に付き………
皆様にとりまして今年も良き一年となりますように
本年も宜しくお願いいたします
2017年1月1日
千葉伸孝

今年は本格的に正月料理を作った。「あんこ餅」「雑煮」の2品ながら上手に出来、仏壇に上げて父にも食べさせた。生活は普通が一番良いと思っている。

今日は晴天で4カ所くらい志津川地区の風景を午後から撮影に行く。志津川の変化を今年も伝えたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:54 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP