2016
12/29

寛容な 和解の心


昨夜は「結婚詐欺師」の弁護士の対応に目を奪われた。
弁護士が被害者と共に詐欺師と対峙する。結婚詐欺師は婚活サイトから結婚したいと言う女性に近寄っていた。巧みな言葉・接し方に疲れ切った女性の固い心を、別な世界へと引きずっていった。
二つの事件での共通は、詐欺師は妻がいてパチンコ依存、二股三股で女性と付き合う。妻は知らない世界がここにあった。女性から貸したお金を返してと詰め寄ると、「借りているので金策をしている。」等、嘘に嘘を重ね弁護士に理解を求めている。口から出まかせの言葉、気持ちの無い謝罪の様子に、こっちまで頭にきた。「こんな男に女性は引かれる。」、真面目な無骨な付き合いべたな独身男性が、母子家庭で苦労している女性の手助けになると私は思い、その仲介を武骨な私は続けていきたい。
「南三陸創造の会」は相手を紹介する会ながら、いろいろな会員募集でも3人しか電話が来なかった。これからは「どういう形であれ二人でいる事の必要性を発信」していく活動を続けていきたい。

安倍総理と米国大統領の慰霊の会見で、同盟関係は不可欠で、そこには和解の心」が常にあり、互いに「寛容の気持ち」で、会話して行き同盟を深くこれからも築くと話した。

昨夜は下からじわじわと地震を感じた、身震いかと思っていたら、やはり地震だった。茨城で「震度6弱」「M6.3」「内陸地震」だった。津波の心配はないと直ぐに発表になる。広大な観測地の震度が画面に映しだされた。日本はやっぱり地震大国で、こんなにも観測点を持っていた。日本が異常な状態となっている気が募ってくる。

今日は登米市米谷で葬儀がある。10時の参列なので8時半には出掛ける。家に帰るのは午後3時になる。
火葬も葬儀にも仕事を一日の行動に入れ、何とか年末を乗り切ろうと努力する。当然の事ながら大変だ!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:54 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP