2016
12/09

遠くに行きたい


志津川ICが10月30日完成し、1か月半を迎えたが、入谷地区の車の交通が激減した。震災後に入谷地区に建設されたコンビニも経営的には大変だろう。地区民の利便性もコンビニ閉店となると、若い世帯や子供達も不便を感じる。
昨日も仕事で登米市に行った。好天に恵まれドライブ日和ながら、志津川小森地区からの高速は、山を切り開いて造ったもので、多額の建設資金と自然破壊がある。今年初めての山には積雪を見つけた。気になったのは森林が無駄になっている気がしてならない。また立ち枯れが目立ち「酸性雨?」なのなかーとも感じた。
IMG_0683.jpg
石巻までの高速だと「5分短縮」があり、大きなメリットは私は余り感じていない。登米市までは「10分短縮」となり、車利用者は多くの商品選択と余暇を過ごせそうだ。
高齢者を抱える家庭は、石巻市・登米市などの圏域は生活がし易いと強く感じる。交通の短縮は両親をふるさとに置いても、いざと言う時には直ぐに帰れる高速のメリツトがある。

鳥インインフルが宮城を除き東北で流行している。そんな中で登米市の高速の両岸の水田には、多くの野鳥が飛来していた。これ以上の流行でクリスマスに向かい、鶏肉が高騰しない事を願いたい。
IMG_0731.jpg
今日も忙しい一日となりそうで、週末も多忙を極める。決して仕事での忙しさではない事を言っておきたい。町は一部で疲弊を続けている。誰が復興と発展に向かっているのだろう。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP