2016
12/01

アメリカはトランプ政権で改革へ


南三陸町の住宅再建の姿をブログで届けているが、見えない部分の高台へはなかなか足が向かない。戸倉団地とて土地の整備が始まったころから、一度も行っていない。私の知人たちは住宅再建が始まり、完成した人やハウスメーカーの順番待ちなど、新たな生活へ再開の途についている。

私のフェイスブックから
志津川地区の清水団地の高台は、静かな漁村の集落だったのが、こんな見上げる山の上になってしまった。海の仕事は5分も歩けば、仕事場が広がっていた。大震災の津波は地区民の生活を根底から覆し、住民も地区での再建を諦め多くが移転した。
しかし、住宅再建のスピードの速さは物凄かった。2か月ぶりで見た光景は、真新しい家々が隙間のないまでに建築が進んでいた。(2016.11.30)

IMG_0421.jpg

IMG_0422.jpg

ツイッターやフェイスブックで、志津川清水団地の姿を発信した。ツイッターでは多くの人達が「リツイート」してくれた。岩手県の達増知事の岩手県警の殉職者への追悼と慰霊の報があった。多くの県関係者の訃報の中で5名の警察官が亡くなったとのツイッターに、各県・各自治体の長の活動の姿の発信は必要と感じた。

清水の住宅再建がある中で、フェイスの友達たちも住宅再建があり、生活の落ち着きからやっと始動をした。その記念写真に「おめでとう、共に南三陸町志津川で頑張ろう!」との気持ちで、お祝いの言葉を送った。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP