2016
10/17

秋の風景いろいろ


友達が「いっぽんしめじ」を持って来てくれた。天然ものはやはり香り強く味もイイ。昨日は緊急地震速報のケイタク情報のアラームが鳴った。「震度4」ながら下から地鳴りと共に、普段に派生する地震とは違う。気象庁の地震の予想は大した物である。DVC00057.jpg
我が家の家庭菜園も実を付けたままで終わりが来た。トマトは寒さと太陽の恵みも弱く、赤く色づく前に終わりそうだ。ナスは多くの身を付け食卓を飾ってくれた。ハチが飛びチョウが舞う、そんな環境の中で花を付け実を結んだ。野菜の菜園の反省は、良い時期に苗を植えないと、成熟する前に実は落ちると言う事だった。最善の時期に苗を植える事は、「子供の教育」と「政治の対策」など、しない時に実行しないと結果は伴わない。家庭菜園からこんな事を学んだ。DVC00053.jpg
同級生が日本シカと交通事故、車は大破し買い替えないといけないと言う。また、知人が「災害復興住宅」への引っ越しを終えた。今度は西地区が引き渡されたみたいだ。昨日は「ずっと!」家に居たので他に情報はない。
日本シリーズの対戦相手が決まった。「広島と日ハム」で、広島は史上最高のチームと達川氏は言う。昨日のパリーグは大谷が日本最速「165K」を出し、決勝を勝ち進んだ。楽しみな対戦となった。

巨人は自滅に近い。坂本の奮起ばかりが目立った。盗塁のスペ者リストの鈴木が、準決勝の大切な所で刺された。そして、シーズン終わりに引退となった。抑えの沢村は3回を抑え引き分けでも決勝進出だったのに、打球を足に受け交代した。シーズ中もさよならホームランを打たれたり、連打で大量得点されるなど、悪い結果ばかりが私の目に留まった。抑えのピッチーのタイトルを獲ったものの優勝できるチームのクローザーではない。今年の巨人は阿部も遅れてチームに加わったものの、ホームランもチャンスに掴む事は出来なかった。意外な所で力を発揮するのがチームリーダーながら、巨人には今年はいなかった。
何だかんだ言っても「巨人は勝たないと巨人でない!」。巨人対楽天の日本シリースも期待したいが、今年のシリースは近年にないの最高試合だろう。

今日は雨、憂鬱さが増す。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:31 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP