2016
09/02

自分の思い考えるように生きる

7.17中央区
歌舞伎の海老蔵の妻、小林真央さんの「乳がん」の公表から3か月が経った。新ブログを始めたそのタイトルが、「なりたい自分になる」と言う。ブログに対するコメントが一日で3千件を超えたと言う。日本国民の優しさを感じる。
「乳がん」で国内でも町内にでも多くの患者がいる。真央さんは「ガンの影に隠れない」「一度きりの人生」と、ガンに負けない子供の母として、そして妻としてガンと共に生きる事を決めたようだ。

台風10号の被害が判明してきた。県内は14億を超え、水産業はまだ入っていないと言う。東松島では牡蠣の養殖だなの8割が落下し、その被害は2億5千万円と言う。岩泉町の被害は甚大で、グループホームでの9人の死亡にと止まらず、17名の安否が不明がいると言う。孤立している地区もあり、状況が把握できるにしたがって、その被害の全容が見えるまでは時間が掛かりそうだ。私のハマっている「岩泉ヨーグルト」の発症の地で、私には岩泉は近い感じを持っていた。観測史上初の岩手県の直接上陸で、こんなにも多くの被害が出たことに、宮城県だったらと思うとゾッとする。
CIMG9455.jpg
今日の写真は土地の整備に問題の発覚した、志津川地区の中央区で、6・7月から1か月半が経過した現在の状況を見て来た。住宅建設の速さに驚かされた。「土地さえあれば!」、町民の住宅再建の力は強い事を感じ、将来を考慮した災害公営住宅への入居も、堅実な生活を選択していた。

焼香に来てくれた人から、台湾訪問の町長の一行の実情を聞いた。東京都の知事・議員の視察経費が問題となっている今、韓国訪問に町長一行の町の経費が「2千万円」掛かったと言う。その随行者には「さんさん商店街」の役員の、山内氏・及川氏の名前があり、観光協会の宮川さんも居ると言う。その意味は解り兼ねるが、言うとおりだと一人当たり「200万円」掛かった事になる。台湾旅行に私個人でも3泊4日で、ツアーなら40万円も掛からないだろう。議会での検証の質疑の話は聞いていない。
9月定例会が始まる。決算審議が主題の定例議会ながら、6月の3人の一般質問よりも、多くの被災地の抱える問題山積の町に、行政に問い正す事があるだろう。町長の指示をする与党体制の現状は、議会の活性化や行政の監視役としての役割は、薄い物となっている事に、やっと町民が気付き始めている事を知って欲しい。
来年の町長・議員選挙が9月にある。人口が減り行政への無関心が拡大するか、町への不満が爆発するか楽しみだ。

今日も父は昨日の眼科に続き、循環器科で心臓の検査だと言う。従業員の縁類の葬儀で私一人だ。仕事も無いし将来の事でも考えよう。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP