2016
08/11

多くのプレッシャーを乗り越えての4年間


女子70K「田知本選手」が優勝! 技ありから抑え込みで一本勝ちした。姉の想いを妹が苦しみながら、世界の頂点に立った。姉に金メダルをかけて二人で涙の記念写真となった。自分は「柔道をやめたい」との気持ちまで追いつめられ、これまでの練習の歩みは、経験した人間でしか判らなく、その喜びの大きさもひとしおである。
160811_055140.jpg
男子90キロの「マシュー選手」が、このクラスで初めて金を獲った。米国の父と日本の母の間に生まれ、子どもの頃から柔道を続け、高校では体が小さいと言われながら、東海大学4年となり、多くの指導者と井上監督の元で、自分の技を磨いた。二位の選手の顔を上げられずのメダル授与があり、金への想いか、恥ずかしいのか、誇れる準優勝に拍手を送りたい。小外刈りで有効をとり、そのままで相手の攻めを防いでの勝利は、勝ちにこだわった試合であった。「柔道日本!」の復活を感じた。先輩の姿を追い、山下五輪副団長の柔道姿勢に学び、齋藤選コーチの突然の死を乗り越え、柔道復活がある事を私は忘れない。

毎日の早起きが吹っ飛ぶ今朝の試合だった。勝ちもあれば負ける事もあるスポーツ、自分に悔いなく試合ができれば本望だろう。卓球の愛ちゃんが準決勝0対4で敗れた。世界一位の相手のプレーを絶賛し、「悔いない試合」と語る姿に、まだまだ成長を続ける姿と感じた。
DVC00045.jpg
「虫になっちゃった!」
一昨日の朝6時の定時の一日おきの血糖値数値は、驚きの99で体調も最高だ。夕方に主治医の所で診察、血糖値は107で「ヘルグロビンA1C6.9」と、最高で13.5から20年掛かって、ここまで血糖値を下げる事ができた。「クスリの量を減らしましょう」と先生は言う。もう少し様子を見てからにした。けど、「血圧が高いですね」と指導を受け、やはり塩分の取り過ぎ? あとは遺伝と思っている。
家庭菜園は自分で作る楽しみと、野菜の成長を楽しみ美味しいと感じるようになった。食卓にはトマト・キャベツ・玉ねぎ・インゲン・なす等、日々3食に2食は必ず野菜を添える。決して3食以外の大食はしない。お酒も週にビール350を3本ぐらいとしている。これまでの不摂生な生活の継続が、「失明」になりそうだった現実から学んだ、生活習慣病の怖さがあった。「人生が終わった!」 と感じたのも事実で、人は苦境に置かれないと本気で病気とは対峙しない動物だ。
「山の日」の今日は、旧本浜町の父の同級生で会社の恩人の葬儀に行く。仙台で逝去された。悲しい悔しい! 本人がふるさと志津川でと、一番思っていただろう。この日を有効に暮らしたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:47 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP