2016
07/11

革新と保守の結果に無力感


洗濯・選挙の一日でした。
「野党共闘」がなかったら選挙はどうなっていただろう? 
東北六県では5県で野党が勝利した。常なら保守地盤の強い所ながら、第一次産業で成り立つ地区、「TPP」の農家不安があり、与党への不信感からだろう。
地元では野党の「桜井」が結局勝利したが、震災当時の与党の財務副大臣をしていて、当時の被災の自治体支援対策として、復興復旧への「全額国庫保助」「グループ補助」などの政策を決定した。医師会・歯科医師会が推薦したものの、共闘の共産党の支援無くしては、勝てなかった選挙だろう。
南三陸町では自民の県の選挙参謀が町出身で、千票以上も熊谷氏が多かった。女川町も原発で成り立つ町、稼働問題で自民が多かったものの、石巻市を始め仙台市でも小差で勝ち、3万票の差でかった。野党の減退の理由に、共闘も逆にあったと言い、九州・中国地方では昔からの世襲が強くあった。また、タレント候補が保守にみられ、放送局出身者が野党に多いと思った。落選した候補には、これまでの選挙活動が報われないままに、返り咲きとはならなかった「田中」もいた。
おおさか維新の活躍が顕著にみられたが、野党に近く革新では無い事がふ不満だ。片山氏の二男も地元で当選した。ここにも世襲があった。右も左も地元選挙活動がままならない中で、何も出来ない子が父親と比べられる事で、切磋琢磨し押しつぶされないで頑張って欲しい。


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:51 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP