FC2ブログ

2008
08/18

夏の終わり

昨日の宮城の気温は22℃で「我が町」も23℃ぐらいかな。
 今年も冷夏!です。海の家・ビアガーデン・飲食店の売上の落ち込みを心配します。入谷の「ひころの里」の14日の盆踊りも雷雨により中止となり、16日の灯篭流しも雨天により中止と、お盆の行事の軒並み中止または延期になりました。
 町の周辺からの人出により、町にお金が少しでもおり、回転することが町の活性化につながるのに、メインの行事の延期・中止は痛い。御霊送りは初盆の方々を含め、供養が出来ない訳です。是非今週の20日は雨だけは回避して欲しいと願うばかりです。
 季節はそのとおりの気候じゃないと、商店・農業・漁業に大きな影響を及ぼします。そんな中、地場産の海産海鮮食材を使った店「しお彩」さんの、お昼のお盆中の大行列にはビックリさせられます。その訳を町自治体や商店主は分析・研究して、今後の活性化に事実をとおし商店指導を行うべきではないでしょうか。やはりマルニ・マルセン・及善・魚のみうら・・・さんの観光客の来店には、安定感を感じます。順調な経営策により、企画・商品安定供給が企業努力により、集客にむすびついています。
 どうしても大きい店に追いやられ、経営低下を余儀なくされていますが、小さな店は独自の経営策を模索・実行していかないと、「淘汰」される現実がその後にまっています。小さな努力の積み重ねが将来にむすびつきます。
 昨夜は人生にもがき悩んでいる青年と飲む機会がありました。弱い国民に経済のしわ寄せが来ている現実を真のあたりしました。少しで手を貸したい衝動にかられました。町内の大企業「助けてやって!」。まだまだ知らない「我が町」の現実をつたえます。
 お盆があけます。今年ほど家に閉じこもった夏はありません。「オリンピック」が見れたから良いとします。みなさん近々に会い飲みましょう!町の活性化のために。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP