2016
06/25

原発の危険 来年4月に国は再稼働わすると言う

イギリスがEUから離脱となり、円高が進み、株価が下落した。その勢いは「リーマンシュック」並みと言う。安倍自民党の優勢が選挙の初日に報道された。
6.25ブログ
昨夜は「原発の危険」について、講演会があり、美里町の中学時代の恩師に誘われ、参加して来ました。会場には石巻市・東松島市・登米市・美里町・南三陸町から、60名以上の来場でポータルセンターはいっぱいだった。
県内の女川原発の避難計画や、原発発生の30K圏内のUPZと協定などについて、河北新報論説解説員の早川氏の、原発の潜む多くの危険について、「目から鱗」の説明に驚いた。次に前十三浜漁協組合長の佐藤氏の、原発廃止・反対の活動の歩みについて、高齢となっても自分の生活の糧の「海を守る」の精神で、県漁協一本化になった中で、震災被害と原発再開阻止の活動に取り組んでいた。
こないだの同級会で、仲間は「六ヶ所村」の原発の仕事をしているので、「女川原発はどうなるの?」と聞いた。来年には再稼働する旨の事を聞いたが、その通りに今、政府は稼働を目指し進んでいると言う。

政治・関連省庁と電力関連会社と、危険を知っている上で、利権をめぐる係わりがあった。何も知らないままで選挙の行動を国民の大半が行い、争点を変えた選挙政策がここにはあった。強権と与党優勢の中で14日の参院選が始まった。

国・県・自治体も国民・町民の安全を後回しの政策、私は許せない。形ばかりの信念に欠けた政治を私は絶対認めたくない。選挙は人で選びたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:06 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP