2016
05/28

広島の被爆者の思いが伝わり 大統領の慰霊の姿に涙


サミットのG7会議が薄れる、今回のオバマ大統領の広島記念講演の訪問と演説があった。私の時に「核廃絶は実現できなかった」と言う、今年の700個の核爆弾処理があるものの、世界には15775個の核爆弾がある。東西の緊張を均衡化する為にも米国の核の根絶はできなく、世界が一つになり核の恐怖を互いに確認し、世界が「核の無い世界を!」を目指さないと核撲滅はない。
広島県民の思いはもう謝罪の言葉か必要ないと、米国大統領の立場を理解した大人の発言に始終した。米軍の捕虜がいた広島であり、米国の被爆者の調査をしている森さんは、オバマ大統領の訪問に対し、「温かかった、友達のおもてなしをアメリカから貰った。」と、感謝の言葉を語った。
160528_081015.jpg
被災者支援の、(笑いヨガ)ヨガ教室が気仙沼市小泉公民館である。「参加者が少ないんです、来て下さい。」と朝一で電話がきた。今から参加し、帰ってから2型糖尿病の診察で、お昼前には病院に行く。間に合うがギリギリの行動が、今日もまだ続く。被災者支援の方々への「おもてなし」の心、私も行動しないと!


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:13 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP