FC2ブログ

2008
08/13

黄金郷

お盆に入り町には色々な変化が現れています。
 昨日のブランド菊「黄金郷」もクローバル化の影響により、価格の下落が進み売上高の上昇も低迷しているのが現状と聞きました。外国からの安価な花の輸入により、相場の異変に悩んでいます。その防衛策として、品質管理を厳しくし消費者への安定供給と、菊の他品種の導入等でこの低迷からの脱出を図りました。そんな矢先の原油の高騰です。年間をと通した「菊供給」なので、ビニールハウスでの育成が中心です。ハウスの燃料費の問題は前々からあつたようだが、今の2倍3倍は想定外で、農家の決算時期にその現実にぶつかると思います。
 ある生産者は朝5時から夜11時まで、刈り取り・育成管理・選花(花の大きさでの分別)など、出貨までの行程の大変さをはなしていた。それで価格の低下は、今後の経営の改善見直しに迫られている。肥料高騰・人件費・高齢化など問題は山積です。
 お盆の墓参りの時期、町内には14のお寺があります。地域で墓地の造成などが時折行われますが、壇家の数と状況により、直ぐにうまるところと、地域性が現れているようです。今度志津川の檀家が一番多い「大雄寺」さんで大規模な墓地の造成が行われています。噂だ一区画「150万円」だそうです。「我が町」は先祖を大切にする家庭が多く、「昔かだぎ」と古い風習を代々守る事を、語り継がれています。でも現代人が多くなった現在、墓を守る風習は薄れてきているようにおもいます。
 独身者の増加・墓守がいない・引き継ぐ人がいない・・・今後どうしていくのでしょうか?
 昨日のJA南三陸の盆市での「我が町」自慢の菊が店頭に沢山並びました。新鮮で素晴らしく綺麗でした。後世に残すべき「黄金郷ブランド菊」を感じました。町から出た人へのお盆の贈りもの、にどうでしょう?喜ぶと思いますよ。町民一丸となって、地場産品の販路拡大に協力しましょう!
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP