2016
02/03

同級生に対して自分のできる事


同級会も終わり昨日はまだ帰らず残っている同級生の希望を叶えようと動いた。
わざわざ遠くから来た友は、将来の体の為にと「麻雀」「ゴルフ」を始めたと言う。麻雀はボケ防止と笑う。頭を使う事で麻雀は、手・頭などの運動として有効だと、老人介護施設の活動でも紹介されていた。ゴルフは打ちっぱなしから、たまにコースもでていると聞いた。自分の身体は自分の努力で維持をしていかないといけないと、自分から進んで活動していた。
地元の同級生も普段の生活に戻り、被災地の多忙な生活をしていた。いつも会う仲間は「一人足りないから!」と声を掛けたが惨敗だった。町を離れた仲間の中にはできる人間がいるものの、震災前なら多くの友達が駆けつけてきてくれただろう。

同級会の翌日は、「御払いの祈祷のお札」が無くなったと仙台から電話がきた。私も飲み過ぎで会の後始末は事務局に一任して、ホテルでの対応は出来ない。やる事はやったので、後は事務局にお願いする。

「西武の清原」が薬物使用で逮捕された。朝一でこんな大きなニュースを知った。48歳の野球界のヒーローが、自分の身から出たサビで、野球界の燦然とした輝かしい栄光を全て失う事となった。これまでの努力の結晶が「薬物」一つで、一生の終わりとなるかも知れない。野球のキャンプも始まり、多くの仕事も入っていたのに、一回目なら執行猶予も付くが、これからの人生の多難と家族の生活まで影響となる事を心配する。
人間は弱い生き物ながら、良くするも悪くするのも、周囲の人々で大きく変わる。町から沢山の人間が去り、私の友もその家族もいなくなり、その相談や協力する人たちが居なくなった。会社の疲弊も従業員の確保ができない事も一因として上げられる。印刷業はアナログからデジタルとなり、私の拙い頭脳ではもう付いていけない。

昨夜はテレビで「社会保険の現状」を聞いた。社会保険加入は法人会社は必須でありながら、その対象となる200万人が未加入で、法人・事業所への未加入の罰則もあると言う。我が社は法人加入20年を超えているが、印刷業の疲弊から加入はできなく、社会保険庁から幾度となく指導を受けている。法人である事がその制度の加入を義務付けようとしている。
別に法人株を解消しなくてもと思うが、何がどう違ってくるのかもわからない。厚生年金の掛け率は、年間所得に対し「17.82%」と言っていた。国の為に協力をとの思いもあるが、国民としての義務の「納税」は何とか滞る事なくこれまで来たが、高齢者二人を抱え、今後が正直言って不安でいっぱいだ。

今日の写真は、同級会の初めの準備体操で、田舎弁による「ラジオ体操第一」をみんなとやった。意外と「いで! いで!」と言いながら、楽しい雰囲気で始まった還暦祝い同級会だった。

朝6時、定時の「血糖値測定」をこれからする。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:09 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP