2015
12/29

南三陸町千葉総合印刷・・検索


遂に昨日、震災からの南三陸町の出来事を綴った、「南三陸マイタウン情報」がホームページの完成を見た。

大震災2011.3.11の大津波から、7月の会社再建を果たし、2011.9.30に第一号を発行し、2015.12.6の第四十五号までの発信を続けて来た。そして昨日の編集依頼先からの完了の報告を受けた。掲載は44号までながらPDFのテデータから、1号から44号までプリンターで出力して見られる。「第一号」の記事には震災の復旧のあれこれが載っている。懐かしく読み返すが一生懸命に生きて来たからか、余り覚えていなく見入ってしまった。ゆっくり暇になったら自分の活動を振り返りたい。

151229_064145.jpg
これは自分の印刷業者としての役目と、地元紙「城洋新聞」の意思を継ぎたいと言う、細やかな継続の活動でもある。足元にもよらない情報紙ながら、「楽しみに見てます」「これで町の情報を知りました」など、時々聴こえる町民の声に後押しされながら続けている。
その他の理由にはもう一つある。震災の国の支援金の「二分の一事業」を受け、「被災地で何ができるか」との活動に貢献が条件にあり、情報の発信を上げた。約500万円の補助金ながら45号まで発行経費は、補助額を既に越えしてしまった。会社の為と言うが、ホームページが利益に繋がった事は無い。今回は6万位で前回は7万を支払い作成した。
グループ事業で3千円・1億円の補助を貰っていても、活動をしていないと言う声も聞かれる。「ばか真面目」を今後も通して行きたいと思っている。

是非、ホームページにお出掛け下さい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP