2015
10/24

志津川地区市街地嵩上げの先行エリア見学会


24日の今日、観光・商工エリアの嵩上げが終わり、「先行エリア」の住民への説明会が開催された。9時30分前に入った私の番号は「21番」で、10時から13時までの見学時間の中で、開会式にもメディアと町・URの関係者が多いように思った。
まだ、仮設で暮らす志津川地区の住民は高齢者も多く、観光・商工の拠点施設を見に行く、「行って見ても」との考えがそこにはある気がする。行政と都市機構と商工関係者が大部分で、それでも家族連れの姿もあった。造成の為の重機も展示され、それを見に・試乗にと、子供サービスとして来場しているようだ。
CIMG5250.jpg
市街地の風景は西岸には志津川地区の面影が残っているが、ここにはもう志津川はない! 私が判る人は報道関係者と建設の3つの関係者だった。偶然にも前副町長の遠藤健治氏が御夫婦で来ていて、歌津地区の議員さんも一人いた。
今後の人口減少対策とて推進会議の若い世代と、行政の総合創生対策の人口減阻止への会議があった。最重要課題への取り組みにも、観光・商工の復活が町を救う的な、税収の確保が一番との首長の考えがあるようだ。
住民の帰還と住宅再建で、若い世代も付いて来て、安定した税収の確保となるのではないかと私は思う。自然減と出生の減少で25年後には、町の人口は8千人台になる。その想定の間違いを期待したい。想定は個人ではなく、統計からで首長の想定ではないので、間違いなく大きな減少へ向かっている。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:01 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP