2015
10/09

美味しいご飯と不思議なメール

CIMG4987.jpg
一昨日の夕方、剣道指導に行く車に携帯が鳴った。父からで携帯を見たら変な物があり、お金の支払いを求めるものだと言う。翌日、再度携帯を見ると写真のようなメールがあった。今年6月のものながら私は「振り込め詐欺」と思う。90歳の父親に携帯の支払いを任せる訳も無く、親子電話契約で持たせて4年余り、支払いに滞る事も無くいれまで使用し、そんな中でこのメールの通知はおかしい。高齢者は携帯機能もメール請求も知らないなかで、こんなメールが高齢者世帯に来たら携帯で問い合わせをするだろう。私のような家族がいる事でこうした近代犯罪の防止に繋がる。取りあえずこちらから問い合わせ電話はしない事と、間違いない物なら必ず又電話が来る。
固定電話・FAXには危ない勧誘もあるが、絶対に受け付けない。会社メールは危ない物はセキュリティーでカットしている。自己防衛は当然の時代となっている。私も70を過ぎればどうなるか解らない。
DVC00046.jpg
知人から新米「5K」を貰った。さすがに収穫したばかりのお米は美味しく、何も無くても「ご飯」だけでも満足だ。ついでに兄弟・姪っ子・甥っ子達にも食べて貰おうと5袋購入した。精米し袋詰めして「1袋3千円」は安いと私は思う。お米大好きの父は3食ご飯と言う「米党」で、年間90Kは米が必要だ。私は変化が欲しく、パン・そば・うどん等、震災後に賞味期限の切れた乾麺などを処分している。
知人としばらくぶりで会い、「米いりませんか」と言われた。農協出しは「5500円」で安くて出せないと言う。又、地区の人が「7000円」で収穫した米を看板で掲示して販売し、値段が上げられなく今年は「7000千円」で売っていますと言う。昨年より1千~2千円も安くした。農家が一年間手間を掛け育てたお米30Kが、「7000千円」は安すぎる。震災時に福島に住む40年も会ってない同級生が、「お米買います」と被災地の農家を思い、戸倉地区の米を30K購入してくれた事は一生忘れない。来年1月30日の還暦同級会で会えれば良いと思っている。
今日の朝、日本で一番人気の「道の駅」を紹介していた。そこでは10K4千円と言うが、店頭に置くと直ぐに完売すると言う。ブランド・美味しい等、精魂込めて作った物は美味しく、値段も当然ついてくる。6日から始まった志津川産カキの出荷、是非ご賞味頂きたい。

町の総合計画の会議で45年後の南三陸町の人口が示された。「7200人」と言う。早急な何の住民の地元再建の強固な政策をしなかった現町長の責任と言いたい。想定外の津波だからとか、人口の減少の見通しもできない、町づくりも偏った政策に、住民は怒りを通り越し、あきらめの気持ちが町民から囁かれている。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP