2015
09/20

私にとっての目標は・・・


私の一番の目標は千葉家の日々の安定であり、次に町の情報発信と町づくりへの意見・被災者への支援活動を上げ、最後に自分の人生の喜び追及にある。
昨日はしばらくぶりの晴天が多少見られ、10日間溜まった洗濯物をかたづけた。震災前までの不規則な生活が体をむしばんでいた事に気づき、生活改善が日々の身の回りの管理と、両親の見守りと安心した老後の充実を上げる。今日も朝に互いの健康について話しが出来た。
150918_165002.jpg
国会の攻防が土曜日の早朝2時に「安保法制」が成立となった。与野党の目論みは理解できるが、日本国民としては将来の国の安定と、世界的な多くの紛争の中で国民の命を守る策を講じるのは国会議員の役目と、この双方の議論・行動は当然と思える。
そんな中でスポーツはラグビーの世界選手権で、日本が世界3位の南アフリカに点の取り合いの接戦で勝利した。宮城県のラクビーの理事をしている方が、我が社へ会社営業で来て、宮城県から2人が日本代表として大会に参加していると聞いた。「私は3位の南アフリカには勝てないでしょう」と話をしたが、何と勝てた。勝因は選手のこれまでの努力と勝利へのこだわりを追求し、これまでの練習に取り組んだ成果だと思う。
野球はパリーグの史上最速でソフトバンクがリーグ優勝したと伝えた。セリーグは3チームが一進一退の戦いを続けているが、昨日の巨人がヤクルトに勝てなかった事で、ヤクルトの勝利への気迫が勝っている事を感じ、ヤクルトのリーグ優勝を私は感じる。
写真は中央区で志津川地区の一番最後に土地造成が終わる場所であり、この現状を見ても工事の大変さを思う。これから中央区の街・国道・河川の整備が進み、並行して工事を進行するのだろうが、これまでの町に無い一大工事に取り組む大変さを感じている。
150919_174413.jpg
昨日は登米市のお店の「さんま刺身」を食べた。盛り合わせ・刺身の摘など美味しさは格別だった。今年のサンマは小さく580円のさんま刺身は6~8切れと刺身大好きの私には物足りない。
今日のお彼岸の入りにあたり、登米市の「愛菜館」に準備の買い物に行ったが、夕方5時には花は売り切れ、物も少なくなっていた。南三陸町では新鮮さ・選択・価格など、地元の買い物は予定どおりにはいかない。家庭らしい四季の行事を他の家庭のようにと、男二人で他に恥じない生活をしようと日々心がけている。

今日は午後に志津川上の山緑地公園から、志津川市街地の嵩上げの状況と進む新井田地区の工事進捗と、国道のう回路の10月1日から予定の状況も写真に収めたい。4年6か月での町の復興の姿を全国に届けたいとの気持ちがある。
最近の日本情勢と南三陸町の再建の取り組む姿が同化して見えてくる。菅による強権主義が各所で見られるが、何もできない自分が歯がゆい。


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:08 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP