FC2ブログ

2008
07/10

不正

ここ2.3日の大分の教育界の不正渦に驚きと不安。
 大分の県の教育課のナンバー2が不正、収賄で逮捕されるなんて、腐った時代になったものです。子供たちを教える先生、その上の校長・教頭の上の立ち指導する立場の人間がこれでは何を信じればいいか判らない。最大の被害者はこども達で、贈収賄に関わった校長・教頭が逮捕され、学校の教頭・校長が不足している状況だそうです。
 まだまだ許せないのは、教員試験への加点減点の不正な細工をしたことです。教員への夢を目標にしてきて本当は合格なのに、減点されて不合格になった受験者、反対に教員だった親が勝手に金品を贈り加点して合格になった、そのような考えを親に持った受験生です。それに関わった人間は「不合格に」とはいってますが資料データはもう処分されているという話です。
 後日3人の管理職にあたる校長・教頭が警察に出頭、贈賄をしたと。なさけないでしょう、いまの立場で収賄側が逮捕され、発覚する前に名乗り出る。そんな考えでの教育業界への道に進んだの?そのな事をして教員のトップでいいの?少子化により教員採用の競争率が全国では1.2ぐらいで大分は2.3ぐらい狭き門だそうです。それでわが子を「教員」にしたい現職の校長教頭が「我が子可愛さに為」に人間の道に反する事をするのだから、子供への親とてしも失格でしょう。でも子供は知っているのかが気になります。
 教育界が変ですね!こないだまでは教師のワイセツ事件が全国で発生している事を、毎日のようにワイドショーで放送していて、今度は上層部の汚職それが県のトップを含んでいる、地球も人間もおかしくなってきている。進化が全てをわるくしている!
 「頑張るってなに?」一つ思いました、自分の弱さを認める事と信頼できる仲間に相談する勇気を持つこと!友に手を差しのべた事が一度あった、今は大変だけど家族一丸となって頑張ってる!こんな力は私がいくら頑張ってたって勝てません。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:26 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP