2015
06/30

志津川の自然の力に抱かれて


私のパソコンのトップ画面がこの写真です。私には志津川の自然がピッリ合う。こないだまでは震災後のサンオーレの日の出だった。自然のエネルギーはパソコンを開く朝から感じ、皆さんにも南三陸町のパワースポットとして紹介したい。

仕事も暇なので「安保法制」の国会のごたごたを私の思うままに言いたい。安倍政権の強権と傲慢さは数による与党体制に起因する。こんな時でも「襟を正す」が、自民が野党となった時の党幹部だった石破氏などは言う。個人・集団的自衛権・憲法改正は、ある部分で必要とは思うが、余りにも強硬な態度と姿勢が国会にある。
野党も連携とならない党が問題を抱え、与党の強硬な提案に不足する部分への突っ込みで対応している。「閣議決定」の連発という今の与党の制度決定に、議論を尽くす前に政府は法案を通そうとすることへの、与党の不満は増幅している。少しの与党の不適切発言に「こんな事がある」と、委員会で安倍総理を正す。辻本氏と安倍総理のやり取りは、国会の議論の面白さを感じる私には、応えられないくらい面白い。今までにない国会の姿のように見える。

もうやめましょう空し過ぎる。

「永遠のゼロ」の作者の百田氏の「報道弾圧」的発言の沖縄の2紙はつぶせばいい。はその後のツイッターで冗談だと否定し、再度肯定するなど信念のなさを感じるが、発言は角度により大きく変わる。政治解説者は「永遠のゼロで涙を流した私が馬鹿でした」と話す。この勉強会の報道の指摘に、政治家は何の反省する姿も示さず、出身の選挙区も表示すべきと解説者は言う。後は有権者がこうした問題にどう投票行動に移すかです。国民が若者がもっと政治に興味を持つ事で、幸福追求の国家を造れ進められる。
野党は「対案」を早期に示す事で、少しは野党の存在も「安保法制の議論」で、提案が通らない事を知っていても、政治家・政党としてやるべき事をやった方が良い。
国会議員の平均報酬がラジオから流れてきた。「2427万円」だが国会議員特権はこれには含まれない。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:34 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP