2015
06/10

何も見えねー


新聞に歌津地区の枡沢・歌中裏の「防災集団移転」の見学会があり、現地を見て住宅再建の一歩が見えてきたと話す。反面両地区とも自己再建が加速し、希望者が双方5世帯前後減少していた。引き渡しは来年3月を予定しているが、必要以外の土地造成の国の経費は出ないとなり、計画の変更を余儀なくされている。
志津川小学校から下り国道45号のう回路とぶつかる、「何も見えない」写真の壁とぶつかる。復興途上ながら完成まで何年かかるか、この状況は町の疲弊と過疎化が進み、人口流出が続く事となる。この場所は「ショッピングモール」と「道の駅」など、先行嵩上げ整備地区にあたり、「町開き」を28年11月に予定をしている。現在はこの高さの嵩上げ9mで今後「10m」まで土を盛る。
志津川市街地の驚くべき嵩上げの場所がある。志津川自工の跡地付近は、現在7mながら最終盛り土高は「14m」と予定している。中央区の新井田遺跡のあった山造成があり、山を崩す事を少なくするため、その前の土地を高くする工法をとったのだろうか? この場所は17年にスーパーの建設を予定している。工事が新井田川・国道のルート変更と河川堤防の工事と、市街地の大工事が一揆に始まる。その間の志津川市街地の観光は皆無で、右岸の「祈念公園整備」もまだ先となる。
CIMG2031.jpg
私も来年還暦となり老人の仲間入りだ。自分の病気のせいか体調も布団から起きるのも大変になった。寝るのも早く目覚めも早い、トイレも夜に数回は立つ。生活習慣病の当事者であり、その対策と予防を予備軍に人に強く進めたい。
お世話になった方が又ひとり亡くなった。高齢者の転倒と骨折は間違いなく寿命を縮める。まだ70歳過ぎなのに早い死だった。石巻日赤に入院していての「脳梗塞」だと聞く。病院に入院していても亡くなるのかと、「絶句」した。老衰で逝くのなら病院は分かるが、骨折からの退院を前の突然の逝去と言う。
我が両親も苦しむ事無く逝くことができたらと最近思うようになった。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP