FC2ブログ

2008
06/30

世間では殺人・無理心中と命の大切さが無視されている。
 昨日もいろんな場所へ出掛けました。高校の吹奏楽部の演奏発表会、その途中の雨の中のスポ少の野球の練習試合には岩手から相手、付き添いの父兄・補欠など多くの人達が来ていました。
 ぐるって町内を一周し、しばらく振りにお世話になって人とも合い、沢山話すことができました。帰ってから「今がはしり」のかつおをつまみにビールを一缶、これがまたたまらない!
 我が部屋には花のツボミがいつ咲こうかと準備万端、昨年秋に買った花も、知らない家に新緑が芽を出していました。花の生命力に感動です。ハーブの「レモンバーム」だけが水不足か部屋の暑さか?ハッパが端から枯れてきました。にわの土に返してやろうと思います。枯れたと思ってた「ハイビスカス」が一輪花を咲かせました。
 突然の来客です。中学校の剣道部で部長をして、生徒会長・英語弁論など頭のよい子で、高校は仙台へ今度は弓道部に入るという、積極的な剣道の教え子でした。お母さんも知っていたので、何事かと?!実は妹が死んでこの記録をカラーコピーとて欲しいとのお願いでした。彼女もまだ20歳を過ぎたばかりで、事情が把握できなかった。妹は国立の大学2年生で姉妹とも優秀で、大学で書いた発表が認められそれが現地の新聞に載ったそうです。
 世の中では「命の大切さを軽んじている人間が多くなってる時代」理由は聞きませんでしたが、反面これから頑張ろうとしている「若い命の死」に、虚しさが込み上げてきます。もっと活きさせてやりたい事が沢山あったと思います、こんな子にこそ青春を満喫させ、地元に世間に貢献してほしかった。
 「悩んでばかりいる若者」生たいと思っていた仲間の分まで、努力して生きなさい!一回しかない人生なんだから!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP