FC2ブログ

2015
03/24

国民の政治不信は続く

政治家のモラルの低下を感じる。国政も地方自治も次々と問題が発覚する。男女のもつれ・不倫と昔からあるのだろうが、政治に関心を持ち深く入りこむと、そのドロドロした裏世界の姿を垣間見、「しがらみ」と奢り・利権の姿が見え、何の為の政治家になったのかと思うようになった。私のように4年間居たぐらいが、そうした環境に浸る事なく町の政治に関われる。長くいればいる程、政治家の初心からズレて行く気がする。

「え!」と思ったのが、中川農林政務次官と家庭持ちの後輩議員との「路上キッス」だった。中川氏は北海道の前議員「中川昭一」氏の奥さんだ。昭一はアルコールによる酩酊状態で、世界への記者会見で発言をした。次期選挙で落選し自殺したと記憶している。その地盤を引き継いだ妻の大失態である。昨年の衆議院の解散選挙で当選し、そして今回の大失態だ。男も女も不純な異性交友は地元民の理解は得られず、その情勢の反発は大きい。
小渕代議士の選挙違反行為も、政治生命の終わりと言われたが、政治管理団体代表の活動の罪であり、それに対し小渕氏の謝罪で、昨年の選挙戦は再選となった。今後自分の政治団体の監視をして行くと話した。当然の事である。
中川議員とはまるで違う。西川大臣の不正献金問題で辞任し後であり、多くの議員の献金疑惑も発覚し、TPP問題も控えている中での事件だ。週刊誌の掲載は、自殺した夫へ報いる為に政治参加を達成したものの、何の謝罪も通らなく、地元有権者はあきれているだろう。政治家は身を律しお国の為に働く、有権者に恥じない地方国民の代表でいなければならない。
CIMG0194.jpg
春彼岸に大雄寺の墓地から、荒島方向の被災市街地を望む、4年経っても大きな変化は、我が町にはない。墓地の数は大分増えたものの、誰も見る人が居なくなった墓地も多い。駐車場には「あさひ幼稚園」の看板が、施設と共にあった。東工区西に現在あるが整地が進み危険なので、この場所に移したのだろうか。
CIMG0190.jpg


スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:45 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP