FC2ブログ

2008
06/26

高齢者

昨日はグランドゴルフに取材にいきました。
 30名ぐらいの高齢者が玉を一心不乱に追いかけてました。それはまるで私たちがゴルフのボールを一生懸命追いかけているのと同じに映りました。なんと「ホールインワン」が8つもでたそうです。凄い!?60歳になったら参加しようと思います。ちなみにクラブは1本1万円以上するそうで、高級なものは素材が純な木で3万もするそうです。でもクラブじゃなくゴルフと同じでやはり練習だそうです。
 グランドゴルフの2位の入賞者は、なんと86歳の方だそうです。家の親も大正12年生まれで同じ年になりますが、60歳を過ぎたばかりの20歳以上下の人とのプレー、さぞかし毎日の練習を積んだのでしょう。聴く所によると毎日午前午後と2回の練習をする人もいるそうです。
 この間お会いした前々前教育長さんも85歳と聞きました。郷土史の研究にまだまだ取り組んでいて、行動も考えも若く「過去の現実探求へのロマン」を追い求めています。でも現実は我が家と同じ?違うかもしれないけど、膝が痛かったり・耳が遠くなったり・車・パソコンと、対する物への障害の上でのこのような行動、頭がさがります。  
 ゴルフも探求も生活の一部であると感じました。「我が町」の高齢化率は30%で、全国平均は20%・このあいだ地震の起こった花山地区におていは、50%?と65歳の高齢化が進んでいるそうです。でも人間は生きなくてはいけないんです。
 中学時代の美術の恩師がじもとで、ケニア支援の「シャンソンコンサート」を開いたそうです。もう60歳前後かとは思いますが、まだまだ何かをしたい、人の地域の世界のためになることを、自分がまだ健康で行動できる時にしたいのでしょう。自分のためだけに身内のためだけに生きる・やるなんて、ちいさすぎます。できたら「小さな事」でも世界の為にやりましょう??!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:25 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP