FC2ブログ

2015
02/17

良き医師のしる安心感


与野党の論争が始まった。民主の岡田氏は非正規雇用者の処遇改善に、安倍総理は待遇の向上に努力する。と言い。維新の江田氏は、国会議員の歳費3割削減を求め、総理は各党で努力すべき課題だと話した。
圧倒的な数を誇り法案の閣議決定を進める中で、自分たちの身を切る政策には消極的である。安定多数の環境での改革はできない事を、我が町の状況からも感じる。一人の行政への指摘など、蚊のひと一突きでしかない。
資金の支援を受けた見返りは、従順に反発をやめ。恩恵には絶対服従で応える。社長と従業員なら許せるが、国政や自治体の緩い環境では、住民・社会の生活改善にはならない。

昨日から一週間の休暇に入った。仙台での入院は初めてで、さすが東北一の病院、厳しい環境での病気治療の環境体制で、患者の為に主治医は厳しい現状を親切丁寧に説明し、自分の置かれている目の現実を知らされた。
良き医師がいる事の安心感に浸っている。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:11 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP