FC2ブログ

2008
06/24

不安

宮城・岩手内陸地震の救援支援の自衛隊が撤収した。
 災害の当日から支援要請で現地で人命救助にあたっていた、自衛隊の方々が10日目での撤収となりました。引き続き食事や給水・道路の復旧にあたります。まだ行方不明の10人がいますが警察・消防が引き続き捜索にあたります。地域の特定ができず捜索は難航しそうです。
 撤収していく自衛隊の車列にいつまでも、手をふっている光景が印象的で「ごくろうさま」「寂しくなる」の声が被災民の口々から零れていました。「土砂ダム」も露に入り心配です。今も宮城県地方は雨で、山間部は朝夕の霧も雨に変わり、ダムの水位が気になります。
 昨日は郷土史研究家のSさんの話しを聞く機会がありました。昔からの名家で、娘さんがオペラ歌手といったら地元では有名で、お母さんとも昔話ができ、「あなたわかってるよー」、よく家の娘があなたと今日も喧嘩したと、帰ってきて話してた!と話されました。私が優しさと女性に弱い私が?と懐かしい6歳ごろの私がそこにいたのでしょう。
 川崎の親友のSH、お前が御礼を言いたいとはなしてた、S教育長にお前が話してたことを「ありがとうございました」を代弁してまきました。お母さんとは退職後もお付き合いしてきそうです。その息子のりっぱになった話は一言もいわなかったらしい、お母さんらしいね!
 また今日も新しい出会いがあります、2人と!今まで狭い環境から多くの人々と出会える境遇に、そして新しい出会いをもとめに町中を走りまわります。(あー忙しい)ある部落の老人会にも呼び出されました。町民がこんなに頑張ってるなんて・・・・
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:51 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP