FC2ブログ

2015
01/01

南三陸町は雪の日の出です


長期予報では「くもり」で今年は元旦の「旭」は無理と思っていた。予報は外れ雪景色の日の出が仙南地区の投稿で、綺麗に写真で放送されていた。私の二階の部屋のベランダからは、写真の景色が広がっていた。父は雪かきで「凄く降ったよ12㎝もあった」と、朝から大騒ぎである。

毎年続けていたブログでの「初日」の写真の紹介は今年は休んだ。きっと素晴らしい南三陸町志津川湾からの旭は、寒さもあり雪の景色にくっきりと栄えて見えただろう。新年の寒さの中での「元朝参り」の人々には、ご褒美となっただろう。

宮城県の地元紙は元旦号のトップに、「南三陸町防災庁舎は平成31年まで県有化」と、我が町の話題が躍った。宮城県は南三陸町に打診をし、保存の議論を町は見守る事となった。
町の都市計画は県の管理下にあり、公園地区に位置する防災庁舎をどうするかは、もう既に県の手の上にある。西側の土地の整備もまだ決まっていなく、河川堤防の整備も県管轄とあり、町で「解体」とは言っていても希望だけで、その決定力はない。

私は今年自宅療養をしている。担当医師からも「飲酒禁止」「運転自粛」と、正月を楽しむ事への大きな障害となっている。静かにするしかない現状です。
仕事は何とか年末は予定どうり過ごせたが、1月はどうなるか心配の種は少なくない。しかし、やるしかない。年末は生活の中で一つの問題が解決できた。「捨てる神もあれば拾う神もあり」とのことを痛感する。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 13:38 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP