FC2ブログ

2014
12/25

クリスマスにひとり政治 バカじゃないの


朝8時過ぎにユラリユラリと部屋が揺れた。少し長めに周囲がめまいのような状態に、震度3宮城北部とテロップが流れた。これが「耐震構造」での建築物の揺れを初体験した。南三陸病院も耐震構造で現在建造中ながら、私の体調には大きな揺れを逃す構造は、船酔いのような気分となった。4階でこれだから高層ビルはかえって怖い。

クリスマスは飾られた小さなツリーに癒される。晩の食事にも8コもイチゴが出た、これがクリスマスプレゼントなのだろう。さすが目の前のイチゴハウスで採れたて「美味い」! 現在我が社事務所玄関にもイルミが輝く、少しでも町が我が家が明るくなればと、今年から飾っている。

介護報酬引き下げと現政権は、社会保障の充実のためにと言う。以前すら聞いていたが介護施設への国からの補助が少なくなる。高齢化社会への一途を辿る日本社会で、施設への補助金の値下げは、直接に入所者と家族に圧し掛かる。「こちらを取ればこちらが立たず」だ。介護施設で働く職員の給料が安く、なり手がいなく職員の不足を聴く。また、介護報酬引き下げは入居料金の高騰へとなる。その現実が私の母の月々の入居料が、来年7月から現在の入居料37000円から、7万円を超えると打診されている。

私が思うのは消費税の「10%」は、社会保障に回すと言うことに賛成だ。将来世代にツケを回さない為にも、1年8か月の延長せずに踏み切った方がいい。しかし、議員定数削減と不要な報酬のカット、そして公務員報酬の減額をしてからにしてもらいたい。大企業の給料に合わせ公務員報酬を決めていると言うが、給料を下げて、もっと貰いたかったら大企業に行けばいい。国の為に働きたい人だけても公務員は集まる。
今の国民総ての平均給与からしても現行の30%下げても地方公務員の生活は大丈夫だろう。
子供を大学へは年間で普通300万円は掛かると言う。ビンキリながら医大はその10倍以上と言われ、医師不足の中で医大に関しては無料とすべきだろう。

いろんな事を自分なりに考え思う。こんな日々はあと3年ぐらいかな。自然と戯れながらその後は生きようと構想する。政治への熱意が日々減少している。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:25 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP