FC2ブログ

2014
12/22

健への戦い


ここから新たな病気との闘いが始まった。糖尿病はインスリンの自己注射により、糖値のコントロールはこれまで何とか調整はしていた。しかし、震災で薬の総ては流され、避難生活から病気への治療ができなく、2か月位したころに少しの傷が化膿し苦しんだ。この時の血糖値は400近くとなり、ヘモクロビン数も相当高かっただろう。

今日の朝の空腹時血糖値は「161」で、正常値の110とはまだ遠いが、私にとっては正常と言える。色々な先生方が私の病気と係り、今までのコントロール不良が諸々の症状を生んでると診断する。

今朝3時頃に「1型糖尿病」と戦っている人達を紹介していた。風邪などのウイルスにより膵臓が機能を失い、インスリンの投与なしには生きられないと言う。そんな病気とトランポリン選手が戦っていた。一日6回前後のインシュリンを打つ位で、生活に何の不自由もないと話す。毎日6回のインスリン投与の大変さを思う。小学生低学年の女の子は、インスリンと血糖値測定を自分でする。「250」は自分の正常値と言う。「80」の時の辛い顔が判る気がする。しかし、友だちは何の事も無いかのように遊ぶ。これからが自分たちの生活と行動と違うと、「差別」となると母は心配する。

Ip細胞への膵臓の細胞再生が期待される。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:36 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP