FC2ブログ

2014
11/11

母校の伝統を守れるか


県内の高校の受験倍率が発表され、志高普通科0.69でビジネス0.43となり、響高校は0.73と昨年と同じようだ。志津川高校の裏山で造成中の高台に、住民の移転が進み若者が住み着けば、将来の高校の伝統継続に光が見えてくる。
今日は志津川高校の創立90周年の日にあたる。仮設の皆さんへも100台の車が予想されるので、仮設の指定駐車場以外の周りに、車を置かないでと連絡があった。在校生とPTAと歴代の教師・会長・役員が式典に参加する。私の母校でもあり卒業から40年が経つ。70年と80年は創立の「記念誌発行」に携われた。式典後の講演会には戦場カメセマンの渡辺氏が招かれている。町民の皆さんもと言いたいが、あくまでも高校の行事だある。

テニスの錦織選手や、不屈の精神で怪我を押して試合に臨んだ、スケ―ト羽生選手は勇気と「負けないぞ」との精神を、日本国民に鼓舞した。「我らが母校」志高からもこんな卒業生が誕生する事を期待したい。世界に羽ばたけ志高生!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:53 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP