FC2ブログ

2014
11/09

困窮からの救出を

平成26年度志津川町総合防災訓練が今朝8時15分から開催された。
Jアラ―トのエリア情報として携帯が鳴る。
【訓練】大津波警報
【訓練】こちらは南三陸町です。
宮城県沿岸に大津波警報が発表されました。
避難指示
直ちに高い場所に避難して、身の安全を確保してください。
津波到達予想時刻は午前9時、予想される津波の高さは「巨大」です。
※これは訓練です。これは訓練です。
 これは南三陸町総合防災訓練における訓練配信です。

(南三陸町危機管理課)

10時の全町民への防災無線のサイレンで、自宅から窓を開け一人黙祷をする。サイレンを聴き目を閉じると、あの23.3.11の3時45分に襲来の大津波が、八幡川から家・車・船や住民を巻き込み,廻舘から御前下そして小森へと、山のような塊となり、町を呑込む姿がフラッシュバックとなり、脳裏を走った。震災はまだ決して終わってはいない。


沼田地区での町の防災訓練の地域活動があった。集会所には地区民70名余りが集まった。訓練として「炊き出し」「テント張り」「バケツリレ-」「防災資材機器展示」などの、町防災訓練が実施された。他にもタンカでの怪我人の搬送の訓練があり、災害発生時の地域の防災活動・意識の向上を図った。
町の防災活動としては、「浸水域内活動訓練」「航空偵察訓練」「孤立要救助者・避難者輸送訓練」があり、志津川小学校・伊里前商店街付近では、「救出・救助訓練」が行われた。

141108_154312.jpg
昨日は仙台に用事で行き、「定禅寺通り」の道路中央の並木道を、ゆっくりと時間に追われる事無く探索をした。仙台市の自然・生活環境の良さを実感した。枯葉の道路は滑り易いので気を付けて欲しい。
市民センタ―では「肺がんの講演会」が無料で開催されていて、テレビでおなじみの「むねさんのコンサ―ト」も、後援会の一環としてあり、呼び込みで声を掛けられたが時間が無かったので聞けなかった。
たまに被災地の復興途上の赤土だらけの「南三陸町」を離れ、町を忘れる事で心の癒しになった。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:48 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP