FC2ブログ

2014
10/08

台風一過の青空の下で


平成26年10月8日は特別な日になりそうだ。歌津の民宿を会場に印刷組合の「友好支部締結式」が、大阪と宮城の支部会で関係者9人が集まり、調印式の開催となる。しかし、今から7時出発で仙台に用事があり、とんぼ返りで午後1時開催の式に臨む。その後で志津川に戻り気仙沼に向かい、帰ってから6時半からの剣道の指導に行く。

歌津のコンボ荘は大阪からの来客の常宿として紹介し、その繋がりで今回の会場をお願いした。昨日打ち合わせに行き、晴天となり伊里前の今を写真に収めた。新聞には「市街地予定地が凸凹」と見出しにあるが、何処の被災地も同じで、この光景の市街地を見守る「三嶋神社」から撮影した。震災から5年目・10年目の変化を、今後も紹介したいが身体がどうなるかは判らない。現在は整備を目指し先行測量と言う。

時代は一部の若者達に変調を来し、「脱泡ハ―ブ」の乱用があり地元仙台でも事故を起こした。屈折した愛情が猟奇的な犯罪となり、幼児の誘拐や殺人へと考えられない行動へと進む。北大の26才の男性はイスラム国への入隊を志望し、「人を殺害する事は喜ばしい」と、その言葉に真意を知りかねる。
昨夜の報道には日本の科学者三人が、「ノ―ベル物理学賞」を受賞した。発行ダイオ―ドの青色の発見で、色の三原色となり全ての色を作り出す事ができた。60才前後の科学者に85才の活躍に、この年齢でも大きな可能性の高さを感じる。

台風19号の発生も確認され、18号と同じコ―スが想定される。一週間ごとに毎回のように事件・災害が起こる。1ドル108円も今後の日本には大きな問題として懸念される。エボラ出血熱が世界へと増殖を続けている。平和な世界はいつ来るのだろう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:29 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP