FC2ブログ

2014
06/30

最後まであきらめない


土日と夜中のサッカー観戦で、生活のサイクルが変になり体調もおかしい。しかし、サッカーの互いの国の為に負けられない気持ちが、こっちまで伝わってくる。スポーツの精神面の強さと、厳しい競争社会と天性の才能を感じる。
写真はブラジルのネイマールの「神に感謝」の言葉で、目頭を押さえ涙した後姿です。これまで苦しい生活で培ったサッカーへの情熱と、母国の為に開催国としての、「勝つことの義務感」の強いプレッシャーがあった。決勝リーグでの南米隣国「チリ」との対戦は見ごたえ満点の、目を離せないくらいの攻撃から防御が、息つく暇なく続いた。90分を「1対1」で、延長に入っても一身一体の攻め合いが続いた。120分でも決着がつかず「ペナルティ戦」に、2対2で二人が互いにキーパーの好セーブで、5人目のネイマールは外せない状況で、自分の役目を期待通り全うした。
どこか日本のチームとは違い、個人技でも生活苦の中での、家族の為のサッカーと取組があり、「大好きだから」とは違うようだ。オランダも残り5分で同点逆転とメキシコを破り、ギリシャも終了ギリギリの同点ゴール、世界は私の知るサッカーとは大きく違っていた。精神面で「諦めない」がチームの中にあった。スピードある一点の攻防は見ていて、日本のチームの試合同様に、サッカーの魅力にはまってしまった。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:53 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP