FC2ブログ

2014
06/20

町では「道の駅」はいらない


昨日の議会の質問では、入谷の農業家である議員が、「道の駅構想は」と行政に問いただした。私が議員としての時から、「南三陸町に道の駅を」とお二人の入谷議員が何回も、農家の生産品の販路確保として、道の駅を作って欲しいと町に要望してきたが、町長支持ながら首を縦に振る事はなかった。今回の質問でも、町長は町づくりのグランドデザインの構想説明に終始し、企画課長は「簡易なパーキング」としての、未知の駅の考えがあるとの答えに留まった。結局、現町政の考えは昔と同様で、隣町の登米市「モクモクランド」や、大谷の旧大谷駅にあった「地場産品直売所」の建設のような、「道の駅」には消極的である。
商工観光の指示をしてはいていても、農家漁家民宿の構想は町でも支援はしているようだが、「道の駅」の建設に対しては町の商店街と、観光客の足が二分するとの考えから、未だに町長の考えは変わっていない。本当の第一次産業である農漁業の発展・振興・救済に力の入れ方が小さい。全ての町民の生活の安定よりも、商工観光での町の復興が大切と、今後も変わらない政治政策に固まっているようだ。
私は全ての町民に対し、平等に公平公正に産業への支援を行政はすべきと思い、それを言い続けてきた。要望を出しても町は「道の駅構想」を展開するような素振りをとり、人のイイ事を良い事に、人を利用しようとする政治をしているように思う。第一次産業の発信と、担い手を確保するためにも、高速道路が来年には小森まで来る。入谷地区の発展には「道の駅」を設置し、新しい農業の担い手が増えている今、ベテランの農業指導者が活躍する人がいる入谷に、人の流入を図るべきと思う。水産加工業の担い手はいる、生産基盤としての農業・漁業の発展・維持をするために、行政の新たな町の発展構想へのシフトも、是非考えて欲しい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:33 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP