FC2ブログ

2014
03/19

17回高台部会


昨夜は入谷公民館において6時30分から、町づくり協議会「高台移転部会」が開催された。始めに「南三陸町まちづくり情報センター」の整備が報告され、震災復興計概要・町づくり模型・震災から復旧のバーチャルリアリティーなどを置く、志津川高校美術部と行政が手掛ける、町の姿の模型が展示され目玉となりそうだ。
協議では「集会所の在り方」について、集まった6名により議論がなされた。参考の地区を写真の「東地区西工区」として、1.集会所の設備・運営 2.行政区についての二題を行政担当と委員の、質疑応答が1時間行われた。
現在の意向調査では戸建100世帯、災害公営が200世帯で、集会所の役割として、災害時に対応できる施設に、建物の設計も住民提案で、などが出された。行政は2~3年の集会所管理をし自治会(行政区)に引き継ぎたいと言う。行政区の区割りでは、行政の地図には災害公営と戸建地区に各一戸の集会所を地図に示していた。高齢者の多い災害公営との300世帯にすると、コミニティーで見守りができる。100世帯が地区民をまとめるのにちょうど良い、他に東地区西工区を1行政区とし、班に分け自治会長を3名置くと管理しやすいとの話しも出た。地図の戸建と公営の今の配置計画では、「二つに三つに分けるのも難しい」など、志津川市街地の再建に向け活発に議論が今後も続く。
4月には最後の委員会となる。5月には「総会」が予定され、今後の委員そして取組が話しあわれる。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:26 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP