FC2ブログ

2014
03/13

大好きな町名「しづ川」


私は南三陸町の現在の名前をいう事に、今だに愛着を持てない。「志津川町」がつい言葉に出てしまう。
叔母が老人ホームで津波で亡くなった。ホームに入る前に身の回りの物を、会社の倉庫に一時置いていた。震災で現在倉庫に住み家となり、後一か月で移転するにあたり、倉庫を工場にする為、必要のない物を処分している。その中に叔母の「しづ川」と入った浴衣が出てきた。
地域の行事や町のイベントに積極的に参加していて、お祭りなどで着ていた浴衣で、「地域の繋がりや絆」が、長い歴史の中で築かれていった。今はその面影が叔母の死とともに無くなった。昔の街並み面影が全てこれから無くなる。
求人にあたりハローワークに募集掲示をお願いした。「フルタイム」週40時間があり、社会保険への加入が出来ないと、国の機関「ハローワーク」では、募集の会社案内は出せないと言う。被災前の就職氷河期が現在は、復興特需で求人倍率「2倍」と言う。弱小の被災地での事業所の再建は厳しいよりも、出来ないが現状である。強い事業所が艦艇した企業が残るこんか状況となっている。我が社も淘汰される時期はそんなに遠くはない。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:24 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP