FC2ブログ

2014
01/29

町の復興


商工団地に「仙台銀行」も今月に再開店した。震災当時銀行の金庫から3000万円が盗まれた事があった。津山の柳津の支店が志津川の顧客の受け皿となり、それから2年10か月余りで志津川の営業が開始した事になる。
商工団地の国道45号の交差点には、「気仙沼信金」がある。77銀行が一番初めに再開し、これで全ての金融機関が町に再建した。27年29年の志津川地区の土地の造成に合わせ、銀行からの「住宅ローン」の借り入れができる環境が整った。
写真は気仙沼信金から渡辺海苔店の第二工場脇に、鉄骨の建物が建設されていた。震災後には商工団地内の大型工場建設があった。カネキ商店が2工場・山内魚店・ホテル・共同冷凍工場があり、そして今回の渡辺海苔店の脇である。グループ事業での再建は南三陸町の浜浜で見られるが、商工団地内の工場は本格的で大きな建物である。高台なので津波の心配はないので、思い切った建築ができる。
昨日は私と同じ家庭環境で頑張っている方を、アルバイトとして一日働いてもらった。5千円ちょっとの報酬ながら喜んでくれた。なかなか働く場が無いと今後の不安を話す。私も贅沢はせずに自分が納得できる生活をしたい。生活環境の節約は、予定どおりの建築が進まず、伸びいてる2か月があり、今後の先行きは不透明だ。毎月7万5千円の余計な出費が続いている。。
地元の安心できる顔の見える工務店さんによる、住宅建設の再建を進めたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:45 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP