FC2ブログ

2013
11/15

ひろしさんがいたらどうするだろう


私は不器用だが、少しのズルさはあるものの、自分だけの為にこの町で生きようとは思わない。議員には向いていないのかとも思う。弱い町民の為に何かをして上げたいが、常々考え思う事だ。
宮城県中央警察署から、尋問中の容疑者が脱走した。警察の問題もあるだろうが、警察所内からの逃走は信じがたい事実だ。3400名体制で容疑者を探すが、なかなか逮捕とはならなく、昨夜6時30分ごろ七ヶ浜の交番に出頭した。脱走3日目だと思う。
七ヶ浜町には多くの縁がある。同級生もここに住み、議会広報の調査にも役場を訪れた。そして今、自宅の建設の大工さんもここからだ。仙台近郊でベットタウンとしても栄えていた。今回の大震災の津波でここも多くの住宅が流された。住宅の建設が本格化となり、地元の工務店も忙しいのは当然である。従来のお得意様の建設依頼が優先するのは当然で、代行である我が家は二の次となるのは、当然の摂理だろう。「冬が来る前に」が私の思ういま最大の願いた。
週末は長野県飯島町から届いた支援のネギを配る。10袋もあり何処に配るかは、いま悩みながら考えている。今後も全国からの支援の受け皿となり、生活で困っている方々に手助けをしていきたい。
写真は城洋新聞社の二代目社長さんの生家で、震災で被害を受け、残った建物には会社の歴史があると聞いている。ここを何故写真にと思うだろうが、嵩上げの目安がこの位置と言う事で目標地にあげられる。家の建つ所から3m下がった所まで、市街地の嵩上げがされる。平成27年度までにはと言うが、あと2年でここまでの嵩上げを町は計画する。市街地が海抜で志津川仮設商店街を0mを基準に海岸線から、10mの盛り土が八幡川の右岸側に成される。高台の住宅地として予定する、山からの土を持ってくる。
ひろしさんが存命なら被災した町で何をしましたか。教えて下さい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:57 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP