FC2ブログ

2013
10/08

選挙支援者協力願います


私の中心市街地である志津川地区はだいたい2000世帯以上あったが全てが写真の通りです。私に頑張れと言ってくれた人も100人以上も亡くなった。「町民党」を自負しここまで歩いてきたが、みなし仮設に入る市街地住民も多く、東京は数名だが、仙台に住み仙台市民となった方もいる。その他にも家を建て仙台近郊に移り住んだ同級生、登米市に家を建てた人や建設予定の人もその数の家族は100名を遥かに超えた。
現在町で生き仕事をしている方は、毎日の仕事や環境に追われ選挙どころではなく、私を助けている方々を探しているのが現状で、一人でその準備をしている。多くの人たちと集まり活動し今後の町をどうするかを、みんなと話し合いたいと思っている。
CIMG3864.jpg
稚児行列のこの子たちが15年後に、暮らし大人となる頃の町づくりを現在している。しかし、家族は「子供たちは町外でも良い」と口々に話す声を聴く。今になった事では無いが、この動きは被災前から進んでいた。
南三陸町で生計を図っている家族事業所者は、子供たちが地元で後継者として残る。両親を抱える家督は残る事を選択するが、家督であっても働く場の少ない跡継ぎは、しょうがなく内陸の市で働き、通勤の時間は1時間を要し、毎日の生活が大変と聞く。
両親も子供たちの生活を主体と考え、離れて暮らす事を了解する。今回の大震災の発生や高台移転の造成遅延は、これに拍車を掛ける結果となっている。
選挙協力してくれる方は電話0226-46-3069に連絡下さい。携帯に転送されますので宜しくお願いしたい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:32 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP