FC2ブログ

2013
08/31

戸倉中の最後の運動会


8時50分からの志津川中学校の運動会の入場行進が始まった。週間予報の曇りに傘マークが心配されて、運動会の開催が危ぶまれたが、何とか開催の天候に、皆さんの頑張りが天に通じたんでしょう、と校長は挨拶で述べた。
クラス対抗で「赤」「緑」「青」に分かれての競技は、1~3年生の各クラスごとの勝敗で優勝が決まる。学年の垣根を越えた連帯で競技に向かっていた。長縄跳びは0回や35回など、短い練習期間での結果の違いはあれど、一生懸命に取り組んだ結果として、笑いあり歓声ありで、会場に集まった家族を楽しませていた。
CIMG2822.jpg
来年から志津川と戸倉が志津川中学校で統合となる。
志小の校長先生が都中から、「戸倉中の運動会に行きます」と話され、志中運動会を後にした。私は戸中の運動会を知らずにいた。地区民が伝統を築いてきた学校の、閉校は悲しい事と思う。震災での人口が子供達が少なくなった現実で、教育委員会は震災前は27年の当初の予定を、この現状で26年に早めた。志津川小学校校庭に向かった。
「最後の戸中運動会」、この光景を伝えるために、私も5種目で席を立った。にぎやかな実況放送と風景に、親が参加しての親子いっしょの競技など、集まった戸倉住民の笑いを誘っていた。応援は「白組」「紅組」分かれて、チーム独自の応援合戦も、生徒数は少ないながら元気は声援を送っていた。
今日は歌津中の運動会も開催された。全てを廻っての光景の報告は私一人では無理である。また、伊里前小の兵藤先生が先週の金曜日に退職されるとも聞いた。清水小・入小そして伊里前小校長として、長年、南三陸町の児童の教育環境の充実に努力された。長い間「ご苦労さまでした」と言いたい。
地元の新聞に町長の対抗馬としての出馬の噂があり、それも二人と聞いた。佐藤町長の9月定例会で出場するかを表明すると言う。今後も町の話題は尽きない。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:22 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP