FC2ブログ

2013
08/25

気仙沼の仲間と語り合い


気仙沼での昨夜の仲間との親睦会と、午前9時からの剣道大会は、志津川スポ少の2回目の大会出場だった。小学生2年生が二人ながら大会への出場は、経験を積む事を目的とし、「勝つため」に「負ける事」も一つの通過点と位置付けている。子供たちはまだ本格域には中体連終わりからながら、一生懸命に頑張ってくれた姿に、まだまだ一線を退く事に、やらなければならないとがある気を気付かされた。
帰りに本吉町大谷を通った。45号線は大谷海岸と平行して走り、大型土嚢で海岸からの海水の流入を防いでいた。大谷での防潮堤問題はどうなっているのだろう。海岸の麓では大型旅館「海洋館」の建設が鉄骨4階となり白亜の館が再建されていた。
帰りに平成の森の登り口には「楽天・・・」と看板があり、車の案内者が駐車場に立ち、歌津地区に沢山の駐車場が準備されていた。「楽天田中」が日本中で、世界のメジーのスカウトの見守る中で、チームの5連敗を阻止し連勝の記録を伸ばしている。その楽天のイースタンリーグが南三陸町で開催されているようだ。
CIMG2664.jpg
仲間との会食のなかでの諸々の話題で、「もう潮時じゃない」と指摘された。誰が志津川剣道の伝統を継承すればよいのか、剣道の担い手の確保が出来ていないが、その後継者が今、芽生えつつある。
開会式で一人の選手が倒れた。夏休み最後の日曜の大会、学校の始まりと大会の練習があり、緊張での睡眠不足が、一時的な貧血状態となり倒れたのだろうか。
明日から学校が始まる、気を引き締め青春を謳歌して欲しい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 15:03 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP