FC2ブログ

2013
07/12

今日は21度 じめじめ


志津川地区の汐見町のミニストップ前から荒島方向を望んだ。ここ2.3日は雲が垂れこみ朝もやの町はどんよりと暗く、撮影した朝5時30分は普段もっと明るい。十日町の国道45号の中央部分に移動のガードレール工事設置で、町中は渋滞し上山緑地下のう回路を、急ぎの車は地元の理を生かし、我先にと被災地を通行している昨今である。
入谷地区の熊田橋からの「入谷横断1号線」を、用事があり通行した。橋から直ぐの所は津波の到達地点でもあり、川側の道路の一部が崩壊し交互通行となっている。その先も狭い道路で「譲り合い」の心で、何とか安全な通行ができ、道路沿いの夏草が茂りカーブ先の車の見通しの悪さが、安定通行の障害となっている。こないだ学校の通学バスの帰宅の後ろを通行した。先に出るにも道路が狭く、草内山の入口の停留所から林際まで、安全運転に徹した。「入谷横断1号線」は地元民の道路整備が念願にあり、地元議員の要望も強く、実現工事への矢先の大震災だった。再度設計が必要で2年目を迎えやっと調査経費が予算計上となったが、工事はまだ先になりそうだ。中学生の通学バスは今後も継続であり、沿線の運転は安全に注意しながら、それ以外の車も気を配り通行をお願いしたい。
130709_165930.jpg
歌津「平成の森」の登り口に写真のような水産加工会社が又できた。管の浜には「及新」さんの水産加工工場が、大津波後に海のそばに大きな建物を建てた。その後でコンビニや食事処もでき、そして今度写真の「千葉」さんの登り貼られた、水産品加工の工場が建設となった。被災前に歌津地区のゴルフに参加した時に、優しい声を掛けて頂きお世話になった。勿論ゴルフも上手い。
日々変わる町の姿に復興の加速が視覚で感じ取られる。来月のお盆には多くの方が帰郷となるが、大きく被災した場所より、町の端々を見て頂きたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:07 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP